読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Whole Food Dining

食べることが好きで飲食業に携わっていたこともありました。最近食や健康の大切さを感じています。食を通じてたくさんの人と交流できたらいいなと思っていますので、よろしくお願いします!

激うま!だだちゃ豆を食す。

 

 

 

 

だだちゃ豆ってな~んだ!?

 

枝豆の一種で山形県の特産品です。

だだちゃとは庄内地方の方言で、

『オヤジ』とか『お父さん』を意味するそうです。

 

今までは幻の豆だったんですね!

それが輸送技術の向上により、

最近では遠方にも流通できるようになりました。

 

さてさてそんなだだちゃ豆ですが、

とあるマルシェで購入することができました。

 

だだちゃ豆を販売していた生産者の方は、

あのイチローにも食べさせたことがあるとのこと。

イチローもうまいうまい!と言って、

偉く気に入っていたそうです。

ぼくもその場で試食させてもらい、

も~虜になってしまいました。

 

とにかく豆のうま味と甘味の深さと言ったら味わったことのないもの!

これは言いようのないおいしさで、

たくさんの人に味わってもらいたいおいしさでした。

絶品!至極!感動ものです!

 

生産者の方から聞いたおいしいゆで方

 

まず枝豆というとよく塩もみしてからゆでますよね!

でもその農家の方いわく、

塩もみは必要ないそうです。

 

そしてゆでるときは熱湯に塩をひとつまみ入れます。

 

ゆで時間ですが、

ぼくは歯ごたえのあるかたさが好きなので、

大体3分くらいで上げてしまいます。

やわらかめが好きな人は5分くらいからが目安でしょうか。

とにかく味見をしつつかたさを確認するといいと思います!

 

そしてゆで上げたらすぐに氷水で冷やす!!

これがおいしく食べる秘訣。

 

なぜすぐ冷やすことがおいしさにつながるのか、

ちょっと聞いてみればよかったと後悔。

まだ調べることができていません・・・。

 

十分に冷えたら、

塩をまぶしてやって完成です。

 

十分に塩をしみこませてやると、

だだちゃ豆のうま味と甘味がより一層引き立ちます。

なのでこの塩加減は重要ですね!

これも味見をしつつ、

塩味が薄かったら追加をし、

十分に塩味をつけてやると絶対においしくなります。

 

とにかくうますぎて手が止まらなくなります。

そのまま食べるのもいいですが、

ずんだ餅や豆ごはんもおいしそうですね。

 

だだちゃ豆が手に入る方は、

一度食べて欲しい旬の野菜です。

 

おまけ

 

だだちゃ豆ですが、

シジミを超えるオルニチンが入っているんですって!

 

オルニチンは美肌効果があり、

女性にはもってこいの成分です。

 

先日書いたGABAも豊富なんですね。

ちなみにGABAというのは、

ストレス軽減作用があるんですよ~。

 

ということで、

今回だだちゃ豆をおいしくいただきました。

 

農家さんごちそうさまでした。